Posts filed under ‘美味しいもの’

果物の女王 măng cụt 

久しぶりにベトナムの美味しいモノをご紹介します。

ベトナム語では(マン・クゥッツ)。

英語名はマンゴスティーンです。

私は始めて見た時、“ぜんぜん可愛くない”と思って手にも取りませんでしたが、

先日手に手をとってこのフルーツを食べさせて下さった方がいて、

その美味しさに気づきました^^

掌に一つ乗るくらいの大きさです。

シーズン終わりかけの今は1キロで2万数千ドン位(約200円)です。

img_0099b.jpg

どうやって食べるかというと、少し上の方に切り込みをきれて、

そっと開きます。すると、こんな感じに。

img_0094b.jpg

気になるお味は程よい甘さでさっぱりとした味わい。

ただ、表面の紫の色がとても強いので、

白いお皿やお気に入りのお皿では召し上がらないように。

なかなかその色が取れません・・・。

ところで日本では2004年に生での輸入が解禁されたばかりだそうで、

生のマンゴスティーンは未だ入手しにくいそうです。

ちなみに果物の王様、ドリアンも一度頂きましたが、

噂どおり、強烈な匂いと

味はチューインガムを噛んでいる様にとても甘く、弾力性もありました。

6月 26, 2007 at 3:33 pm

“KOTO” in ハノイ

文廟のすぐ近くにあるストリート・チルドレンの為の職業訓練を兼ねた
非営利事業のカフェ兼レストランです。是非一度こちらのサイトをご覧ください。

http://www.koto.com.au/

はっきり言って外国人向けのお店ですので、店内はヨーロッパにいるような雰囲気です。
しかしハノイにしては少々高めですが、安心してお食事が楽しめます。
一品、50,000~80,000ドン(400~600円位)。
もちろんお飲み物だけでもOKです(15,000ドン~)。

お勧めはアップル・ケーキ(30,000ドン:約230円)。ボリューム満点です。
そしてジンジャー・ハニー・ジュース(20,000ドン:約150円)。アイスでどうぞ。
カモ肉のメイン料理(75,000ドン:約600円)やニョッキ(55,000ドン:約400円)も
大変美味しく頂きました。

主に接客してくれる子供たち(とは言っても多分15歳位と思います)も、
一生懸命さが伝わってきて、ハノイでは珍しく朗らかな気持ちになれます^^
時々、注文したものがテーブルに届くまで時間がかかることもありますが、
ハノイではよく苛苛するわたくしなのに(笑)、
それでも何故か不思議と“頑張れ~”という気持ちで待つことができました。

5月 6, 2007 at 10:03 pm コメントする

ハノイで日本料理

「赤太陽」というハノイにある日本食レストランでランチを頂いてきました。
鶏の照り焼き、和風ハンバーグ、焼肉うどんなど約50種類のメニューがありました。
お値段4.5~6USD(600~800円)なので、大阪よりも少し安いくらいです。
ご飯とお味噌汁とお野菜と小鉢2つと食後のデザート&コーヒー、
そして日本茶(冷・熱)と盛りだくさんの内容です。

数ヶ月前、「紀伊」というレストランにも行ったのですが、
夜だったので、単品いくつかと焼酎を注文して、3人で6000円位でした。

両方ともお味は日本と変わりありません。
給仕はベトナム人が日本語片言に、丁寧にしてくれます。
時々日本人のウエイトレスさんもいるようです。

ベトナム料理の定食が25,000~35,000VND(200~250円)と考えると
ハノイでは良いお値段ですので、店内は日本人が殆ど占めていました。

日本語のメニューで衛生面とお手洗いの心配をする必要がなく、
親しみ慣れたサービスで食事が出来るという事は、
お食事ももっと美味しく感じさせ、その一時が何倍も楽しいもとなりました^^

2月 25, 2007 at 3:35 pm コメントする

“テト” スペシャリティ part1

まずはバナナ・リーフで包まれた、もち米ケーキ。

tet-1c.JPG
中にはマッシュ・ポテトならずマッシュ・グリーン・ビーンズ
(日本語でなんでしょう?緑マメのどれか)と
豚肉(主に脂肪分)が入っています。
tet-1.JPG

丸一日茹でます。

tet-1b.JPG
右下の赤い機械が24時間風を送るので、火を保てます。
しかしこの作業の日は誰か一人は常に起きていなければいけません。

気になるお味は・・・美味しい!
ただ、もち米の為に食後お腹が熱くなることがあります。
その時はお水を沢山飲んでください。

2月 18, 2007 at 10:03 am コメントする

ベトナムの美味しいお花・・・!

これ一体なんだか分かりますか?
見た目はあまり可愛くありませんが、スライスしてサラダにすると美味しいですよ☆

banana-flower.JPG

そう!バナナ・フラワーです。

1月 15, 2007 at 4:09 pm コメントする

ベトナムで鶏肉を食べるには・・・。

この村で手に入るお肉といえば豚肉です。
一匹全パート売っています(骨から内臓から眼球から・・・きゃ~!)。
そして鶏・・・といっても1羽で売っています。
私はさばいた経験も無ければ勇気もやる気もないので、
もっぱら豚肉のサーロインを買っています(一番包丁で切りやすく柔らかいので)。
無い時は、ヒップ、そしてそれもまた無い時は買いません。

先日鶏をさばいているご夫婦を見かけました。
二人で一羽を調理(?)してらっしゃいましたが、
近くで見るには、もうしばらく時間を頂かないと正視できませんでした・・・。

ところで、お肉の安い順に、
ドイツでは、牛→豚→鶏。日本では、鶏→豚→牛。ベトナムでは、豚→鶏→牛。
国によって色々ですね。

1月 8, 2007 at 9:37 am コメントする

ベトナムの家庭料理

最近ベトナム人のお友達にお料理を教わっています。

そこでいくつかご紹介。

まず1つ目は、セージのオムレツ。

材料:セージ(sage)一束、卵5つ、塩ひとつまみ。

セージの葉っぱを千切って洗い、細かく刻みます。

そして卵を加えしっかりと混ぜ合わせ塩を加えてから、焼き上げてください。

食べやすい大きさに切ってお皿に盛り付け、

塩と胡椒を合えレモンを加えた漬け汁を作り、一緒に召し上がれ。

そして2つ目は、揚げ豆腐のトマト煮

材料:豆腐大1つ、トマト3つ、ネギ適量、塩ひとつまみ。

豆腐をフライパンで揚げ、一度別のお皿にとります。

トマトを切り、フライパンで炒め豆腐、ネギ、塩を加えて一緒に煮ましょう。

cooking1.JPG

お料理に熱中しすぎて写真をこの1枚しか取れませんでした・・・。

最後に3つ目、ゴーヤと豚肉煮

材料:ゴーヤ5本、豚肉100g、塩ひとつまみ。

ゴーヤの種を取り、輪っか状の食べやすい大きさに切ります。

豚肉は出来るだけ小さく切ります。

豚肉、ゴーヤの順にお鍋に入れて煮、できあがり。

全部簡単に作れるので、是非ご家庭でどうぞ。

もしご質問等あればいつでもお問合せしてください^^

※※※

お料理を教えてもらったお礼にと、

日本料理を少し私なりにベトナム人テイストにアレンジしてご招待しました。

作ったのは肉じゃがのトマト煮、豚のしょうが焼き、揚げ出し豆腐。

白いご飯と一緒に、「ゴーン(美味しい)」と召し上がっていただけました。

実は3日前からこの3品何度も練習して毎日食べてたので、

もう暫く食卓には上がらないでしょう・・・。

11月 7, 2006 at 11:13 pm コメントする

ハノイの市場でお買い物

アパートに引っ越してキッチンが使えるようになったので、

ホム・ドゥック・ビエン市場(hôm đức viên marke)で買い物をするようになりました。

2階は布が所狭しと売られ、そして1階には新鮮な野菜、果物、魚そしてお肉。

お野菜の山!

market1.JPG

あ・・・お魚が床に・・・!

market2.JPG

果物がずらり!

market3.JPG

1階の片隅に美容院もありました。
market4.JPG

相場がまだ分からないので、今は何が何キロいくらとメモをとって

ベトナム人の知り合いに後で確認しています。

今のところ、納得のお値段でお買い物が出来ています。

ちなみに、サーロインの豚肉牛肉共に1キロ40,000ドン(280円)、

人参1キロ10,000ドン(70円)、ネギ一掴み500ドン(3円)等などです。

ただ食器やキッチンで使う雑貨類は、スーパーの方がお得です。

10月 31, 2006 at 5:12 pm コメントする

ベトナムのヌードル料理(bún version)

bún(ブン:米から出来たゆで麺)の料理を2種類ご紹介します。

まずは、bún bò Nam Bộ(ブン・ボー・ナム・ボー)

bunbonambo2.JPG

búnの上に、香草、炒めたお肉、ピーナッツ、もやしを乗せ、

お好みで右の調味料(詳しくは分かりませんが、にんにくと唐辛子とフィッシュ・ソースと・・・その他)

をかけて頂きます。

あっさりしているので、朝ごはんかお夜食に良いのではないでしょうか。

しつこいですが、アップでもう一度。
bunbonambo1.JPG

※※※

次はbún chả (ブン・チャア)です。

右の女性が右側で作っているのが、左の肉団子(ポーク)。
buncha1.JPGbuncha3.JPG

スペシャルスープにスライスされたパパイヤとニンジン、その上にこの肉団子と切り身のポークを乗せ、

お好みで香草を入れて、付け麺で頂きます。

このスープは甘めですが、なんとも言えず美味しく麺と合います(私的意見ですが・・・)。

香草はお店によって衛生的に不安な面もあるので、私は残念ながらあまり入れません。

入れるときは自分で一度拭いてからにしています。

これはベトナム人でもしているので、遠慮せずにどんどんしてくださいね。

お肉が沢山入っていて脂っこいので週一ペースでランチにお勧めです。

buncha2.JPG

地域によってスタイルが違いますが、ハノイ・バージョン(この写真達)が一番お勧めです。

10月 28, 2006 at 10:01 am コメントする

2種類のChè(チェー)

チェーには大きく分けて2種類あります。

お豆さん系とフルーツ系です。

①Chè Thập Cẩm(五目ぜんざい)

che.JPG

正面左が五目ぜんざいです。

ベトナム中部のHuế (フエ)オリジナルのチェーです。

他の2つは違う種類のぜんざい。日本名が分かりません・・・。

9,000ドン(70円弱)。

②Chè Trái Cây (ミックス・フルーツ・チェー)

che1.JPGche2.JPG

マンゴ、メロン、ジャック・フルーツ、パイナップル、

ドラゴン・フルーツ、カスタード・アップル、ブラック・タピオカそしてコンデンス・ミルクが底に。

食べ方:まず スプーンでフルーツを押しながらミックスします。

そして氷(写真右奥)を上からかけてちょっとミックスして、召し上がれ^^

極上のお味でした。7,000ドン(50円位)。

※※※

ところで、1USD=16,000ドンなのですが、日本円のほうが考えやすいので、

私はいつもアバウトに10,000ドン=約70円で計算しています。

多分、あってると思います・・・。

10月 22, 2006 at 1:57 pm 2件のコメント

過去の投稿


2014年7月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 27,179 hits

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。