ベトナム人の御持て成し

12月 12, 2006 at 7:43 am コメントをどうぞ

ベトナム人は日本人と比べて気さくに家に人を招待します。
そしてお来がくると決まってすることがあります。
それはお茶の給仕です。
これは基本中の基本の御持て成しで、お茶の入れ方は完璧に決まっています。
皆が皆、同じ方法でこの伝統を守っています。

tea-set.JPG

①急須と小さな茶碗がお盆にのっています。 洗い立てでも使用済みでも関係ありません。
(大抵使用済み・・・)
②お茶の葉を手のひらに乗せて測り、急須にいれます。
③お湯を急須に注ぎ暫く待ちます。
④一つの茶碗にお茶を注ぎ、他の茶碗へそのお茶を廻しいれます。
これは茶碗を洗う&温めるためです。なので、一度使用しても洗剤でいちいち洗うことはしません・・・。
⑤そしてそのお茶を捨て、急須のお茶を各茶碗へ注ぎ給仕します。
お客が帰るまでお茶が空にならないように家のご主人が常に気をつけています。

※朝一番には全部台所で洗うようです。
※ベトナムのお茶は緑茶で、日本の物に比べて大味です。

広告

Entry filed under: こぼれ話, 田舎暮らし.

ベトナムのタバコ バナナの木

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2006年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Blog Stats

  • 37,988 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。