ベトナム人の思う日本

2月 8, 2007 at 11:41 am コメントをどうぞ

お年寄りの方から、1940年秋から日本兵がベトナム北部に侵入し
戦争兵器の燃料として使う為にお米を没全部没収した為、
家族が餓死してしまったというお話を頻繁に聞きます。
恥ずかしながら勉強不足の私はその歴史を全くし知りませんでした。

その悲しい過去の反面、現在日本はベトナムに一番投資している国だから
とても感謝しているともおっしゃいます。
工場などの生産部門だけではなく、道路や橋などの建設もサポートしているようです。

ベトナム人から自分の国のことを学ぶとはとても情けなく思い、
おそばせながら自分の生まれた国が何をしてきたか、
そして今何をしているのか知る必要があると気付かされました。

広告

Entry filed under: こぼれ話, 田舎暮らし.

ベトナムの田舎の家庭事情 キッチンの神様

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2007年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Blog Stats

  • 37,988 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。