果物の女王 măng cụt 

6月 26, 2007 at 3:33 pm

久しぶりにベトナムの美味しいモノをご紹介します。

ベトナム語では(マン・クゥッツ)。

英語名はマンゴスティーンです。

私は始めて見た時、“ぜんぜん可愛くない”と思って手にも取りませんでしたが、

先日手に手をとってこのフルーツを食べさせて下さった方がいて、

その美味しさに気づきました^^

掌に一つ乗るくらいの大きさです。

シーズン終わりかけの今は1キロで2万数千ドン位(約200円)です。

img_0099b.jpg

どうやって食べるかというと、少し上の方に切り込みをきれて、

そっと開きます。すると、こんな感じに。

img_0094b.jpg

気になるお味は程よい甘さでさっぱりとした味わい。

ただ、表面の紫の色がとても強いので、

白いお皿やお気に入りのお皿では召し上がらないように。

なかなかその色が取れません・・・。

ところで日本では2004年に生での輸入が解禁されたばかりだそうで、

生のマンゴスティーンは未だ入手しにくいそうです。

ちなみに果物の王様、ドリアンも一度頂きましたが、

噂どおり、強烈な匂いと

味はチューインガムを噛んでいる様にとても甘く、弾力性もありました。

広告

Entry filed under: 美味しいもの.

田舎暮らしにさようなら ベトナム、さようなら~!


2007年6月
« 5月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Blog Stats

  • 38,333 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。